この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

地獄よこんにちは

2018年4月の上旬頃から、頭が上手く回らない感じがした。
ただ、それほど深刻に考える事もなく「ちょっと疲れてるんだろうな」ぐらいに思っていた。


今、あの頃の自分に言いたい「一刻も早く病院に行け、お前大変な事になるぞ」と。

f:id:usbrs4649:20181213221339p:plain

精神的に疲れているのは当たり前だった。
前の会社で人格障害女上司の元、無限のパワハラ地獄。


とうとう私が愛想尽かしたら、人事と競合して無理矢理「自己都合」退職。
会社も業績が悪くてリストラ要員を探していたみたいだ。

f:id:usbrs4649:20181213221328p:plain

※このあたりの事は後々まとめて書くかもです


心がズタズタのまま必死で就職活動。
何とか空白期間1ヶ月で再就職決定。


再就職先は畑違い(完全にではないけれど)、何とか追いつこうとこれまた必死で仕事を覚えた。


新しい会社での最初の仕事はPRイベントの準備。
当然のごとく苦戦した。
だって入ってまだ1ヶ月だし、ゆうてもあんまり商品の事把握できてないし。


それでも何とか乗り越えた。
乗り越えられた。
なぜなら希望に満ちていたから。

f:id:usbrs4649:20181213221317p:plain
イベントが終わった後、ようやくチームの一員として認められた気がした。


このままここでキャリアを積むぞ!
金融もITも分かって、私は最強人材になるんだ!


今まで辛かった。
上手く行かなかった。
学校では孤立するし、会社ではいつも散々な思いをするし、母親は頭おかしいしetc・・・


やっと人生が噛み合ってきた。
今までこの時の為に不幸の貯金をしてきたんだ。
残りの人生で幸せの散財をするぞ!なりたい自分になるんだ!


甘かった。
地獄はこれから。
そこは永い永い鬱地獄の入り口。


やっぱり人生って上手くいかない。
世界は厳しい。