この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

文字が読めない

「うさばら氏さんさ、いつもここの行程で止まるけど何が分からない?〇〇って名前のフォルダーをクリックするだけじゃん。」


「あのー・・・この部分の拡張子でクリックするファイルを判断してまして・・・えっと・・・そのー・・・」
f:id:usbrs4649:20181216093946p:plain


嘘である。
本当は文字が読めないから。


ファイル名の「〇〇.zip」が読めない。
羅列してあると、何がなんだか分からない。


f:id:usbrs4649:20181216212254p:plain


ローマ字を覚えたての子供でも出来るような事が出来ない。
だいぶキテいる。


ただ驚くなかれ、ファイル名の羅列はまだマシな方なのだ。
だって規則性があるから。
コツをつかめば判別出来る。


問題は文章。
文字が記号のように見え、バラバラに散らばり、全く収集がつかない。


f:id:usbrs4649:20181216212301p:plain


内容が全く入ってこない。
規則性がないから、コツをつかむのも難しい。


これは本当に困った。
その頃、カスタマーサービスも担当していた。
ユーザーから来たメール(質問や要望、不具合など)にこれまたメールで答えるというもの。


テンプレで返せるものはまだいい。
内容が似通っていて、意味を深く理解しなくても判別できるから。


問題はそれ以外の質問。
全くもって意味が理解できない。
不規則な記号のかたまりをどうにも処理出来ない。


そもそも全てのユーザーが文章力に長けているわけではない(当然だよね)。
「伝える気がないのでは?」と思う内容のもある。


発狂しそうだった。


文章の意味を理解するってこんなに大変な事なのか・・・高度な文章でもないのに・・・
読解力に少しばかり自信があった私は、心底絶望した。