この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

眠れない、眠り方忘れた

文字が読めない問題と同時進行で悩んでいる事があった。
鬱あるあるの1ページ目に載っている「眠れない」だ。

f:id:usbrs4649:20181218192522p:plain

私の場合寝付きは割といい方だ。
ただ途中で何度も起きる。

f:id:usbrs4649:20181218192513p:plain
元々、夜中に1回トイレで起きるという中高年スタイルが私のデフォルト。
これが2回3回と増えて行き、明らかに睡眠の妨げになっていった。


というか気づいたら、トイレに行きたいから起きるのではなく、起きてしまうからトイレに行きたくなるになっていた。


そして、早朝に起きる。

f:id:usbrs4649:20181218104645p:plain

だいたい夜中の12時に寝て4時頃に起きる。
眠いはずなのに、その後なかなか眠れない。
この時間が本当に辛かった。

f:id:usbrs4649:20181218103554p:plain
本が読めるほど頭はシャキッとしていないし。
うっかりスマホなんて見てしまうと、もっと眠れなくなるし。


ラベンダーのアロマを焚いたり、電子レンジであたためるアズキのアイマスクを装着したり、ひたすら天井を眺めたり・・・


こんな苦労をして、なんとか再度眠りにつく。
そして1時間ぐらい寝て、そのまま会社に行く。
眠った感は当然薄い。


体からのSOSを華麗にスルーし続ける。
何か精神的な病気だなんて、思いたくない。


元気だと思い込んでいたい。
出来ればこのままずっと死ぬまで。