この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

ゴールデンウィークまで耐えろ

4月下旬、ゴールデンウィークまであと少しという頃、私は何かと戦っていた。
やる気はあるはずなのに倦怠感が止まらない。


「頑張らねば!」と「どうでもいい!」が同居している感じ。


今なら分かる、鬱と戦っていたのだと。

f:id:usbrs4649:20181224110728p:plain

というかシンプルに頭が痛い。
前に力説した脳汗(のうかん)理論とかもうどうでもいい。


朝から晩までずーっと頭痛が鳴り止まない。
脳を握力が強い人にぎゅうぎゅう押されてるみたいな感覚。

f:id:usbrs4649:20181224110247p:plain

その後、長いこと苦しめられる頭痛は確かこの辺りから始まった(ちなみに今も頭痛がひどい)。


そして、一日が果てしなく永い。
やってもやっても終わらない。
気づけば会社を出るのはいつも最後。


締めに日誌を書くのだが、何をやったか思い出せない。
色々やった気もするし、何もやれなかった気もする。


「取りあえず、ゴールデンウィークまで頑張ろう」と自分に言い聞かせる日々が続いた。
しかし、カレンダーは一向に進まない。


時空が歪んでいるようだった。

f:id:usbrs4649:20181224110230p:plain

ある日ふと衝撃の事実に気づいた。


私、ゴールデンウィークなんか全然楽しみじゃない。
やりたい事、一個もない。


しばらく何もしない状態になりたいだけ。
なんて後ろ向きなんだ。