この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

ゴールデンウィーク中日、地獄の二日間

ゴールデンウィークといっても、完全な大型連休ではない。
「今年は最高〇〇連休!」の最高連休組ではない。
そんな高尚な身分ではない。


中日が二日間あり、当然私も出社しなくてはならない。
これが地獄だった。


それもそのはず、連休中にたまっていた仕事を全部こなさなければならない。
「連休中は金融系アプリを見る人も少ないだろうから、それ程問い合わせメールは来ない」という見立ては見事に外れた。


「連休で時間が出来たから、日頃気になってた事を試しに問い合わせてみようというユーザーが増えた」という私の見立て。
片っ端から一心不乱にメールを返す。

f:id:usbrs4649:20181227225403p:plain

もちろんそれだけでなく、突発的に不具合が生じたり、急に他の仕事を振られたりもする。
会議もあれば、呼び出されて怒られたりもする。


じゃあ具体的にどんな事をやって、何が嫌だったかって分からない。
実はこの二日間の記憶がほとんどない。

f:id:usbrs4649:20181227225356p:plain

脳のメモリーにアクセス出来ず、もやもやしている感じ。
いや、そもそもメモリーに上手く記録出来てない感じもする。


恐らく「ただ仕事量が多いから」だけではない。


慢性的に辛い、とにかく無性に辛すぎる。
やっぱり精神的におかしいのだろう。