この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

たんぱく質にすがる

2018年5月初旬、重めの鬱診断を受けた直後から、さっそくスマホで情報収集を始めた。


そこで、「鬱にはたんぱく質が効く!」というネット記事を発見した。
信憑性があるのか全くもって不明だが、当時の私はこれに賭けた。


翌日から毎日のようにライザップ監修のサラダチキンを購入し、仕事をしながら黙々と食べた。


この商品、スティック状でそのままでも食べやすい。
味もすっきりレモン風味でいい感じだ。

f:id:usbrs4649:20190103233439p:plain

「ダイエットですか?」と聞かれても適当にスルーした。
こんなのにかまってる暇はない、私は闘っている。


早急に鬱を何とかしなければならないのだ。

f:id:usbrs4649:20181224110728p:plain

気づけば食に対する興味は消え失せていた。
食べ物なんて不味くなければ何でもいい。
というか、そもそも食欲がない。


食事は最低限のエネルギー摂取。
毎日サラダチキンでも全く苦にならない。


むしろ選ぶ時間がなくなって合理的!
脳に負担がかからないからリフレッシュ!

f:id:usbrs4649:20190103225540p:plain

毎日サラダチキンに、どれだけ効果があったかは分からない。
ただ私は完全に信じていたので、プラシーボ的な意味では効果があったのかもしれない。


思いこみの力って偉大だけど気味悪ぃ。