この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

リバーさん、そうですね

リバーさんからある日こんな事を言われた。


「うさばら氏さんは " そうですね " って言った後に考える癖がある。
考えてから " そうですね " って言って。適当に返事しないで。」

f:id:usbrs4649:20190118203750p:plain

当方適当に返事をする気などサラサラない。
ただ確かに、勘で答えた事もあるかもしれない。


何せゴリゴリの鬱なもので・・・
リバーさんはそれに気づいていて、許せなかったのだろう。


そんな所まで気を配らなきゃいけないのか?
一言一句全てに整合性がないとダメなのか?


口癖を変えるのってかなり神経使う。
毎日必死に耐え忍いで、余裕なんてとっくにないのに、まだ追い込むか。


そもそも「そうですね」は「検討」と「同意」の二つの意味で使われる。
私は「検討」のつもりで使っていたのだが、リバーさんには「同意」と取られたのだろう。


今ならばそこまで考えが及ぶのだが、当時は何も考えられなかった。
なので結局、「私が悪かったから気を付けよう」に着地するしかなかった。
彼は、自分を責めるアイテムを惜しみなく提供してくれる。


しつこく詰められる事が多くなると今度は、リバーさんの事が怖くて怖くて仕方なくなった。
苦手という域を完全に越えていた。


ちょっとでも私の席に近づくとビクッとする。
顔を見るだけで気分が悪い。

f:id:usbrs4649:20190118203757p:plain

リバーさんの声を聴く度に死にたくなった。