この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

やっぱリバーさんが引き金

リバーさん対策でTwitter対応を完璧にこなそうとした私。
結果どうなったかというと・・・・・・・・・


全く状況は変わらず、その後もネチネチ文句を言われ続けたのでした。
残念!!!!

f:id:usbrs4649:20190116182845p:plain

顔文字(^^♪ の「♪」は消すべきだ!とか知らんし。
彼のこだわりは到底ルール化出来ないその場その場のニュアンス的なものだから、完璧に応えるのなんて最初から不可能だったのだ。


そもそも、私がTwitterの中の人をやる事自体が気にくわなかったのかもしれない。
そこかい!そこなんかーーい!


5月8日、この日も散々文句を垂れてから、リバーさんはリーダー会議に消えていった。
もうこれ以上どうすればいいか分からず、頭は大混乱状態だった。
やれる事は全部やったのに、ノーリターン。

f:id:usbrs4649:20190106090749p:plain

午後3時、次第に目がくるくる回ってきた。
耳に入る音すべてが、不協和音を奏でた。


血の気もどんどん引いて、座っていても気持ち悪い。
船酔いしているみたいにだった。


そして以下の記事に続く・・・

www.konoutsu.com


点と点がつながったかな?