この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

リバーさんの良い所

確かにリバーさんはスーパーマンだ。
それは誰の目から見ても明らかだった(でなかったらとっくに反乱が起きていただろう)。

f:id:usbrs4649:20190116223637p:plain

私も実際に尊敬していた。
知識が豊富だし、頭の回転が早いし、エネルギッシュだしetc・・・・・・
学ぶべき所が多い人であるのは間違いない。


よってメリット>デメリット、苦手だけど頑張って付いていこう!
当初はそう判断した。


違った。デメリットが遙かに大きかった。
少なくとも私にとっては。あまりにも相性が悪いのだ。
これでは一方的に消耗してしまう。


誰に対してだって、好きな所も嫌いな所もある。
要はバランスなのだと思う。

f:id:usbrs4649:20190116223627p:plain

大げさに言えば、嫌いな所をどれぐらい許容出来るかが愛なのだと思う。
リバーさんの場合、嫌いな所が嫌いすぎる。
ちょっと度を超えている。


もちろん相性の善し悪しや、個人的な好き嫌いを仕事に持ち込むべきでないのは分かっている。
ただ、この時やるべきは「頑張って付いていく」ではなく「可能な限り距離を置く」だった。
そこを完全に誤った。


周囲に相談さえしていれば、それほど難しい事ではなかったはずだ。
いつもニ択で間違える。
私はそういう人間だ。