この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

講演会がはじまるよ

もう忘れてしまったかもしれないが、私の仕事は金融系アプリの企画運営だ。
その関係もあって、ゲスト講師を呼び、うちのユーザーさん相手に講演会を行う事になった。

事前準備にはかなり神経を使った。
例えばユーザーさんとのメールのやり取り。
何かしらの個人情報が漏れてしまったり、招待メールが届いていなかったりしたら大惨事だ。


間違えると混乱するので、ダブルチェックをする事になった。
私がメールを作成し、バイトくんがチェックする。


バイトくんがかったるそうに、「最初の1通だけでいいっすか?そんなに心配しなくて大丈夫っすよ。」と言った。

f:id:usbrs4649:20190126184310p:plain

この会社に来て、初めて少しキレた。
「いや、それじゃダブルチェックの意味ないから。別に私、メールの送り方が分からないわけじゃないから。ちゃんと確認して。」と。


よっぽどドスが効いていたのか、バイトくんは初めて私への姿勢を改めた。
どんだけナメてたんだよ。

f:id:usbrs4649:20190126185037p:plain

話は脱線したが、色々あったという事だ。


ただ当日になってしまえばこっちのもん。
前々から「この日は休む日」と決めていた。


準備は万全、後はドンキで飲食物を買って、開始時間を待てばいい。

f:id:usbrs4649:20190126184302p:plain

講演会の間は、受付などの雑用がメインになる。
考えなくても出来る仕事って本当にありがたい。
ぼんやりニコニコして数時間やり過ごせばいいんだから。


まったく、今週中に鬱が爆発するってゆうのに悠長な事。