この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

講演会は終わってないよ

講演会の翌日、出社すると真っ先にお礼メールを作成した。
次にホームページに載せる簡単なレポートを作成する。


完成したらリバーさんにチェックを依頼する。
お礼メールはいいけどホームページのレポートがおかしいとの事。


「何でここに写真載せるの?写真はNGになったじゃん!」


いや、自分撮ってましたやん!
ユーザーさんに、ぼかしてホームページに載せる旨、確認してましたやん!

f:id:usbrs4649:20190127103736p:plain

聞けばその後、ぼかして載せるのもマズいって事になったらしい。
それ知らんし!


その後もリバーさんの追求は終わらない。
何でこう書いたの?何でこれ書かないの?何で、何で、何で・・・?


何でかなんて、私も知らんよ!
もう極限状態なんだよ!

f:id:usbrs4649:20190127103725p:plain

最終的に、うさばら氏は適当に仕事をしているという所で着地した。
もう何だっていい。


後仕事としてもう一つ。
講演会で気づいた事やユーザーの声を、チームの掲示板に書き込まなければならない。


私はメモした紙を取り出し、文章にまとめようとした。
しかし、このメモが全く意味不明だった。
B5用紙に、文章になりきれない単語達が、悪夢の様に散らばっていた。

f:id:usbrs4649:20190127103716p:plain

考えてみれば、昨日は何も気づかなかったし、何の声も入らなかった。
唖然としたまま、掲示板を閉じた。


書き込みがない事を注意されたら、忘れてたって体で何か書こう。
時間が経てば思い出す事もあるかもしれない。


・・・・・・・・・何も思い出しませんよ。
そうこうしている内に、明日鬱が爆発しますよ。