この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

レクシスト☆舌下

鬱が一番きつかった頃、担当医から応急処置的に「レクシスト舌下」という薬を処方された。
この聞き慣れない薬、飲み方の癖がだいぶ強かった。


錠剤だが、粉っぽくて非常にもろい。
少し力を入れただけで簡単に割れてしまうので、慎重にシートから取り出す。
そしてこれを文字通り、舌の下に挟み込む。

f:id:usbrs4649:20190220151055p:plain

そして水を飲まずに、そのままゆっくり溶かして服用する。
なんでもこの薬、舌の下でじっくり溶かしてこそ効果を発揮するらしい。


一度、レクシスト舌下の破片が舌の表面に回りこんできた事がある。
まぁーーー苦かった。


脳がガクっと揺れた。
台湾で" 苦茶 "という名の、超絶苦くて超絶体にいいお茶を飲んで以来の衝撃だった。
以上、突然勝手に服用レポートでした!

f:id:usbrs4649:20190220152657p:plain

※当方、医療従事者ではありません。ブログの内容に関してはあくまで個人的な感想ですので、参考程度にご覧下さい。