この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

PEA濃度によるうつ病診断について

これまで何度か「PEA濃度の測定によるうつ病診断」について触れてきた。
今回はこれについて、もう少し詳しく取り上げようと思う。

 

www.konoutsu.com

www.konoutsu.com

 

PEAとは
分子量が141の非常に小さな分子である。
リン酸エタノールアミンのことで、広く生物界でみられる天然の化合物である。
内因性カンナビノイド前駆体であるリン酸アナンダミドの一部でもある。


PEA濃度が、1.5ℳMから3.0ℳMであると、正常値である。
1.5ℳM以下は9割以上の確率でうつ病であるとみなせる。
3.0ℳMを超えると、PTSDかまたは、ASD躁うつ病などの場合が多い。
10.0ℳMを超えるなどのあまりに多い値は、測定ミスや採決ミスである。

 

f:id:usbrs4649:20190316100824p:plain


そして、私の数値は2018年4月時で0.99、2019年2月時で1.08・・・
治ってないぜっ!!( ´Д`;)


医師曰く、小心者は数値が低く出る事が最近分かったらしい。
はい!私、小心者です!

f:id:usbrs4649:20190316104340p:plain
ちなみに「PEA濃度の測定によるうつ病診断」を実施している病院は、現状まだ限られているので(問診のみでうつ病診断する病院が多い)、興味のある方は別途ググっていただきたい。