この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

会社でバレずにブログを書く方法を考えた

どうも、上位10%の選ばれしうつ病患者、うさばら氏です。


命がけのリハビリを乗り越え、血液検査ボロボロながらも、なんとか4月から復職させていただく事に。

f:id:usbrs4649:20190322131426p:plain
最初の1か月間は「リハビリ勤務」という形で、残業なし、仕事量少な目で働く。


だから8時間、やる事がない。
いわゆる放置プレイ。


しかし、当然ながら文句はない。
会社から" リハビリ "という名目で、放置プレイにしていただいているのだから。
初っ端から通常業務だったら間違えなく倒れるし。


承知はしているものの、特にこれといった仕事は与えられず、8時間ただ座っているのは結構辛い。
まぁー時間が進まない。


そこで、私はある発明をした。
会社で仕事をするフリをしながら、本ブログ「この鬱がすごい!」を執筆する方法を!

f:id:usbrs4649:20190404034707p:plain


①仕事に関係ありそうな単語をググる

f:id:usbrs4649:20190403064010p:plain

常時ウィンドウを2〜3個開いて仕事してる感を出しときましょう。


②検索欄にブログ文章を書きまくる。

f:id:usbrs4649:20190403064015p:plain

どんなに書きまくったとて、画面上には33文字しか表示されません。
まさかブログを書いているなんて、誰も思わないでしょう。


③全選択→切り取り→チャットワークのマイスペース等に貼り付け

f:id:usbrs4649:20190403064018p:plain

書いた文章を自分に送れる(且つ、他人には見られない)ツールならばなんだって大丈夫です。
そして帰宅後、仕事中作った文章をたたき台に、ブログ更新!と。

 

ポイント

f:id:usbrs4649:20190403064022p:plain
・ログという名の動かぬ証拠が残らない
・覗き込んでくる変態がいたら「全選択→切り取り」で目の前から忽然と文章を消す事が出来る(そして消した文章も無事)

 
これまさに、完全犯罪。


一つ欠点をあげるとしたら、調子に乗ってブログを書きすぎてしまう事。
今現在、ストック記事50本あります。

f:id:usbrs4649:20190403060308p:plain