この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

強制的に休憩を入れ、過集中を防止する

私には若干、過集中の気がある。
一度ブログに着手すると、前頭葉が引きちぎれるまでのめり込んでしまう。

f:id:usbrs4649:20190314105726p:plain
軽いめまいがしてはじめて「やりすぎた!」と気づく。
恐らく鬱によろしくない。
リハビリも兼ねているのに、完全に本末が転倒している。


そこで、時間で区切って強制的に休憩を入れる事にした。
病気で1日の活動時間も限られている事だし、ダラダラやるのは良くないと。
集中して作業をこなそうと。


基本的には30分ごとに15分休憩。
疲れてきたら15分ごとに15分休憩。

f:id:usbrs4649:20190314105736p:plain
何となくでやっているとなあなあになってしまうので、携帯のタイマーできっかり計っている。
要するに過集中を小分けにしているのだ。
今のところ結構上手くいっている。

<参考文献>
メンタリストDaiGo『自分を操る超集中力』かんき出版,2016年
古市幸雄『「1日30分」を続けなさい!Kindle版: 人生勝利の勉強法55』大和書房,2010年