この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

初めての水風呂

サウナでととのってみたい!


期待に胸を膨らませ、近所のサウナ付き温浴施設を訪れた。
体を洗ったり髪を洗ったりお風呂に入ったり、一通りの行程を終えた後、いざサウナへ。


おぉ、蒸しあつ気持ちいい!
あぁ、液体になる!

f:id:usbrs4649:20190323101310p:plain
そうだ、これまでは液体になるのがゴールだった。
まさかその先があるとは。


サウナ内のテレビで地方の美味い飯食べる系番組を見つつ、何とか10分間を耐える。
片方の尻を軽くスパンキングして、いざ勝負!
恐る恐る水風呂にイン。


「は?つめてっ。は?」殺意が沸いた。
一瞬で心が折れるのを感じた。
やっぱり辞めようか。
せっかく暖まったのにバカみたいじゃないか。


そう思った次の瞬間、先ほどまで奥でサウナと一体化していたデブデブのおばちゃんが、汗も流さずいきなり水風呂に飛び込んだ。


おばちゃんはそのまま頭の先まで水につかった。
私は、八景島シーパラダイスのトドを思い出していた。

f:id:usbrs4649:20190323101549p:plain
そしてメラメラと闘志がたぎるのを感じた。
負ける訳にはいかないと。
絶対にととのってやると。
そして、このおばちゃんは恐らくマナー違反だと。


意を決して何とか肩までつかる。
「ん?意外といける。ん?」


一度つかってしまえば苦痛は消え、これまで味わったことのない気持ちよさが体を駆けめぐった。
火照った脳がいい感じに冷やされる感じ。

f:id:usbrs4649:20190323101544p:plain

これがととのう前兆なのか?
神よ、これなのか?


だがその日は、風呂ではしゃぎすぎた。
だってコラーゲン風呂とかあるんだもの。
サウナと水風呂を1回ずつ消化しただけで、疲れて果ててしまった。


気持ち良さの方向性は分かったが、まだととのう段階までいかずに終了。
次回は風呂を捨てよう。
もっと気合いを入れて、ととのう事にコミットしよう。