この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

背骨が曲がった原因、接骨院でついに解明

最近、接骨院が生きがいになっている。
朝起きると、接骨院に行きたくて行きたくてしょうがないのだ。
行かないと、自分がダメになっていく様な気さえする。


仕事に間に合う様に、平日は朝一でかけつけている。
しかし、いつもライバルに負ける。
お年寄り、朝早すぎ。

f:id:usbrs4649:20190328201744p:plain
そんな今日この頃、ついに私の背骨がギャン曲りしてしまった原因が判明した。
以下、その際の柔整師との会話。


うさばら氏:姿勢といえば私、すごく画面に近づいてパソコンやってしまうんです。
柔整師:目が悪いんですかね。両目で視力が違ったりします?
うさばら氏:はい。右の方が左より2段階ぐらい視力悪いです。


柔整師:あぁ、背骨が曲がってる原因それかもしれないですね。右だけ視力が悪いと、顔の右半身を画面の近くに出してしまうんですよ。それで首が曲がって、骨は一つにつながっているので、背骨も一緒に曲がっていったんだと思いますよ。
うさばら氏:なるほど!!

f:id:usbrs4649:20190328201728p:plain
メガネは小5からかけているのだが、その頃より右目の視力が悪かった。右目だけ突出して悪いのは父も同様なので、恐らく遺伝なのだと思う。


視力の偏りの影響で、11歳からずっと歪んだ姿勢がクセになっていた。
20年後、触診してもらうと背骨がギャン曲がりしていた。
謎は全て解けた!!

f:id:usbrs4649:20190328201736p:plain
接骨院に行くと体の仕組みが勉強出来て面白い。
異変には必ず理由があって、体は実にロジカルに出来ている。


柔整師曰く、私の体はだいぶ真っ直ぐになってきたとの事。
ただ、背骨のギャン曲がりっぷりは根が深く、奥の筋肉をほぐしながら元に戻せる所まで時間をかけて戻すしかないらしい。


体の矯正をしたら身長が高くなったという話がネット上に散見される(真偽の程は不明)。
現在公称164cm、一通り背骨矯正が終わったら、正確な身長が計れるスポットをググって、バッチリ身長を計って、成果を実感しようと思う。