この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

湯楽部 太田店に行ってきたレポ ~カプセルホテル編~

カプセルホテルに閉じこもりたい!ついでにサウナでととのう練習もしたい!との思いから(鬱だけど)旅に出た。


今回は前回の「湯楽部 太田店に行ってきたレポ~大浴場・サウナ編~」の続き、「~カプセルホテル編~」!

f:id:usbrs4649:20190413192310p:plain

https://www.konoutsu.com/entry/2019/05/27/080000

 

大浴場、サウナを一通り楽しんだ後、満を持してカプセルホテルフロアに向かった。
私は完全に浮足立っていた。
というのも、鬱になってから、狭いところに閉じこもりたくてしょうがなかったのだ。

 

手に届く所に機能が集約していて、あったかくて、自分の体が収まるぐらいの長方形の箱を欲していた。
ある日気がついた、それすなわちカプセルホテル。

 

さっそく今日の寝床を確認しに行くと、理想の箱がそこにあった。
これこれ!こういうの、こういうの!

f:id:usbrs4649:20190408060131j:plain

中に入ってみると、母胎にいる様な安心感に包まれた。
なんて癒されるのだろう。


頭上に電源コンセント、セキュリティボックス、頭上左に照明・アラームスイッチ・・・
右側面にテレビとリモコン台・・・
足下にカバンをかけるフック・・・


この空間に全ての機能が集約されているではないか!
なんてこった!


ちなみにこの施設、コミック・カフェコーナーもある。
私はここで1日中、はてなブログを書き殴っていた。

f:id:usbrs4649:20190408060134j:plain
結局マンガは1冊も読めなかった。
残念だが、連載に追われる身なのでしょうがない。
運命を受け入れよう。

 

コミック・カフェコーナー
開放感のある空間にソファ、リクライニングチェア、座敷、テーブル席などをご用意しています。
5500冊以上のコミックや雑誌を読みながらお客様に合わせたスタイルでゆっくりとお過ごしください。
コミック・カフェコーナーではお客様にゆったりとした時間を過ごしていただくため各種無料アイテムを揃えました。


①無料コーヒー:本格ドリップ方式マシンで抽出するホットコーヒー、ダージリン、緑茶などの各種お茶を無料でお楽しみいただけます。
wifi:快適回線でご自身のスマホでゲームや動画を。もちろんPCでも快適回線です。
③コミック・雑誌:5,500冊壁の本棚にぎっしり詰まったコミックと雑誌。コーヒーを飲みながら読みふけっていただけます。
④リクライニングチェア:ゆったり横になって寝たい方におすすめです。
⑤電源:急なお仕事でPC操作が必要な時、スマホの充電が切れそうな時活躍する電源も無料です。
コワーキングスペース:隣が気にならないカウンター形式の机と椅子をご用意しました。

 

観光とかは特にしなかったけれど、すごくいい旅になった。
鬱ならではの発想から生まれた「無観光旅行」。
これは新たな趣味の爆誕かもしれない。

 

湯楽部 太田店 公式ホームページ

yurabu.com