この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

聖地巡礼!カプセル&サウナ「ロコス」に行ってきたレポ

まんきつ先生著「遊湯ワンダーランド」を読んで、すっかりサウナにはまってしまった私。
先日、先生がTwitterで推していた、カプセル&サウナ「ロコス」に行ったきた(今回はサウナのみの利用)。
いわゆる聖地巡礼というやつだ。


駒込駅から線路沿いに歩くこと6分、目的地に無事到着。
どこか懐かしい佇まいに癒される。

f:id:usbrs4649:20190429085103p:plain

中に入ると、さっそくフトントにまんきつ先生の直筆サイン入り色紙があって感動した。
「あぁ、まんきつ先生と同じ所に来たんだな・・・」と。

f:id:usbrs4649:20190429085057p:plain

勇み足で女性専用フロアに向かい、速攻で服を脱ぎ、スパ&サウナエリアに足を踏み入れる。
中には洗い場・ジャグジー・水風呂・サウナ・スチームサウナ。


こじんまりとした空間だった。
必要なものが、過不足なくそこに凝縮していた。

 

私はこのレトロな雰囲気にすっかりやられてしまった。
本能的にこういう空間が好きなのだ。
居心地がいい。

 

そしてまんきつ先生の教えに習い、サウナ10分→水風呂2分→休憩20分、これを3セット行った。
するとどうだろう、普段地元のサウナでととのう以上に、深めにととのったではないか。

f:id:usbrs4649:20190429085054p:plain

f:id:usbrs4649:20190323101544p:plain

※水風呂はイメージ画像です。実際の施設の様子とは異なります。


恐らく、サウナの温度設定が高いのと、休憩時間を多めにとったのが良かったのだろう。
この「ロコス」訪問をきっかけに、休憩所の存在がいかに重要かを知った。

f:id:usbrs4649:20190429085046j:plain

思うに、ととのうには緩急が必要だ。
質の良い休憩をすると、それだけ次のセットも有意義なものになる。

もう私に大浴場は必要ないのかもしれない。
サウナと水風呂と休憩所があれば、それでいい。
そういう段階に来たのかもしれない。

 

ちなみに施設にはマンガが読める休憩フロアもある。
別料金なしの読み放題。
すなわち1日中遊べるアミューズメントパークみたいな施設なのだ。

f:id:usbrs4649:20190429085043j:plain

気になる料金は
90分コース  1,111円(税込1,200円)
12時間コース 1,667円(税込1,800円)
24時間コース 2,222円(税込2,400円)
深夜料金   926円(税込1,000円)
※2019年4月29日時点

 

これだけは忠告しておこう、めいっぱい楽しもうと思うのならば90分では足りない。
ここは思い切って、12時間コースを頼んで欲しい。
ちなみに、カプセルホテル利用の場合は別途料金が発生する。

 

駒込にひっそり佇む大人のアミューズメントパーク、是非一度踏み入れてみてはいかが?
私はもうすでに2回目の訪問を予定しているぞ。

 

www.rosco.tokyo