この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

現役うつ病患者が出社前に聴いている曲

鬱を抱えながら会社で働くというのはこんなに大変な事かと、毎日驚愕している今日この頃です。
今回はそんな現役うつ病患者(私)が、出社前に己を奮い立たせるべく聴いている曲を、聴いている時の心境を交えてご紹介。

f:id:usbrs4649:20190602125553p:plain

 

①アグレッシ部/KREVA 

アグレッシ部

アグレッシ部

 

 自分で自分を責め続ける人生なんて、もうまっぴらだ。
いつだってうさばら氏はうさばら氏の味方。
広い世界でただ一人になろうと、うさばら氏はうさばら氏。
どんな逆境に置かれても胸を張って生きてやる。

 

②悪党の詩/D.O

悪党の詩

悪党の詩

 

 いつもヘラヘラ愛想笑いしてるからって、私がその辺の気のいい姉ちゃんだと思ったら大間違いなんだよ。
私の中にも悪党はいるのだ。
塀の中のD.O兄さんほどではないがな。
舐めた扱いしたら、ただじゃおかねぇぞこの野郎が。

 

③勝ち戦/東京事変

勝ち戦

勝ち戦

 

 私は負け戦をしにここ(会社)に帰ってきたわけじゃないんだよ。
勝ちに来たんだ。
今度こそ絶対に勝ってやる。
私の生きざまから目を逸らすな、しかと見届けろ。

 

④フロントメモリー feat.川本真琴/神聖かまってちゃん

フロントメモリー

フロントメモリー

 

 がんばれないよ、がんばれないよ、本当はもうがんばるのにも疲れたんだよ。
でもどんなに崩れかけても人生は続行、今日を何とかやり抜くしかないんだよ。
それにしても川本真琴のどことないメンヘラ感は、ガチ精神疾患の私の魂と共鳴する。

 


以上になります。
それにしても音楽の力って偉大ですね。
体調バカ悪のうつ病患者を、出社させてしまうのですから。