この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

会社の建物内に避難場所を確保した

業務中に体調がしんどくなって、自席に座っているのもキツくなると、私には行くところが二つある。
それは私だけが知っている秘密の避難場所。


一つは階段の踊り場付近。
私の会社はビルの上層階にあるので、階段を利用する人はまずいない。

f:id:usbrs4649:20190602134312p:plain
つまり誰にも邪魔されず休息が取れる、安住の地なのである。
階段に腰かけて、スーハーと呼吸を整える。


普段は静まり返っているのに、下層階で足音がするとトントーンとおおげさに響く所が気に入っている。
さっきまでいた場所と同じ建物内なのに、別世界にいるみたいだ。


もう一つは地下のトイレの個室。
衛生観念などかなぐり捨てて、床に直で座る。
壁に全体重をあずける格好になり、スーハーと呼吸を整える。

f:id:usbrs4649:20190602134306p:plain
やはり個室はいい、狭い空間に閉じこもっているとそれだけで心が落ち着く。
このトイレ、ほとんど利用者がいない為、安心して長時間こもれるのも魅力的だ。


現在三か所目を開拓中。
出来れば野外で、死角になっている場所がいい。