この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

右足をこねくり回す

復職してからというもの、常に右足を負傷している。
軽く変形し、ジンジンしている。
理由は明白、勤務中にデスクの下で常に右足をこねくり回しているからだ。

f:id:usbrs4649:20190716194603g:plain
平日、起きている時間の大半をオフィスで過ごす。
座っているだけでもかなりしんどいが、体調が悪い事を周りに悟られる訳にはいかないので、何事もないように振る舞う。


そうはいっても私は現役バリバリのうつ病患者、空元気をしている内に本当に元気になる事など皆無。
だから、デスクの下でばれない様に右足をこねくり回して踏ん張っているのだ。

f:id:usbrs4649:20190716200644g:plain
特に右足の指には負担がかかる。
グーパーグーパーしたり、変な方向にひん曲げてみたりと、まるでストレスボールかのごとく、雑に扱っているから当然だ。


右足の指から伝わる鈍痛で、どうにかこうに気を紛らわせる事が出来る。
現時点において、まだまだ鬱が寛解する見込みはない。
苦痛は続く、このままでは右足が壊れる。

f:id:usbrs4649:20190716194621p:plain
<追記>
先日医師に上記の件を相談した所、「右足をこねくり回す事が薬代わりになるなら、それでいいのでは?」との事。


なので今後も遠慮なくこねくり回し続けます。
右足、積極的に壊しにかかります。