この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

好きな事が出来なくなる

鬱になると好きな事さえも出来なくなる。
私の趣味も、ほぼ壊滅状態である。
詳細は以下の通り。

 


・お笑い→△

f:id:usbrs4649:20190729093822p:plain
ライブは基本的に、狭く人口密度が高い箱でやるので過呼吸必至。よって不可。
みんなでワイワイ楽しくやっている場を見るのが辛いので、テレビのバラエティもあまり見られない。
ただラジオに限っては、音声のみと受け取る情報量が少ない為、ほとんど負担にならない。よって可。

 


・読書→△

f:id:usbrs4649:20190729092800p:plain
文字が読めないので基本的に不可。
ただマンガは、文字数がそれほど多くなければ可。
絵で内容を読みとる事が出来るし。

 


・映画→△

f:id:usbrs4649:20190729092806j:plain
長い時間集中する事&ストーリーを頭で理解する事が難しいので不可。
特に映画館は音量が大きいので、聴覚過敏持ちの私は、よほど体調のいい時にしか行けない。
ただ、1話45分ほどの海外ドラマはかろうじて観る事が出来る。45分間が私の集中力の限界なのだろう。
最近はクリミナルマインドにハマっている。

 


・旅行→✖

f:id:usbrs4649:20190406105408j:plain
いわずもがな不可。
活動限界が4時間程と極めて短い為、1日中アクティブに活動する事など到底無理。
アクティブな自分を想像するだけで、体調が悪くなってくる。

 


接骨院→〇

f:id:usbrs4649:20190324052545p:plain
趣味というか治療なので可。
ぼーっとしているだけで気づいたときには、体中の筋肉がほぐれ、背骨がまっすぐになっているので爆笑してしまう。
ただ、待合室がいかんせん狭くて苦手である。
過呼吸になりそうになったら、「すいている時間に来ます」と告げて院から逃げる。

 


・サウナ→◎

f:id:usbrs4649:20190323101310p:plain
脳に負担がかからないので優(優良の意、可の上)。
鬱は脳の機能障害であるので、こういったアクティビティは本当にありがたい。
体調が悪い時でも行ける、いやむしろ体調が悪い時こそ行くべき!という点が、ポイント高い。

 


という訳で、今後の投稿はサウナ多めになる事が予想される。
今の私が全力で取り組める、唯一の趣味なので仕方がない。


サウナは鬱治療の一環でもあるので、ブログのコンセプトから、さほどズレていないと考える。
もっと出来る事が増えれば、今よりずっと人生楽しめるのに。