この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

サウナに行くと、いろんなおっぱいを見る

「湯遊ワンダーランド」「サ道」「ととのいますか!!」「お熱いのがお好き?」といった素敵サウナマンガの影響をモロに受け、一気にサウ中(サウナ中毒者の意)と化した私。

f:id:usbrs4649:20190429101038p:plain


今では週1回ととのわなければ、発狂しそうになる程だ。
強めの鬱の波が来ると予知したら、すぐさまサウナに駆け込む様にしている。


ホームサウナ(基点としている地元のサウナの意)のポイントカードも貯まる一方。
ここでは私に「サウナのご利用は初めてですか?」と聞く従業員はいない。


サウナに行く回数が増えると、おのずと人のおっぱいを見る機会も増える。
世の中には様々なおっぱいがあるものだ。

f:id:usbrs4649:20190819103111p:plain


お椀型の母性が強そうなおっぱい、シュッと尖った鋭利なおっぱい、そして私が将来なるであろう、信じられないぐらい垂れたおっぱい(軟乳なので、垂れる事必至)。


どれもそれぞれに味のある、いいおっぱいだなぁ・・・とぼんやりしていると、次の瞬間信じられないものを見た。


キレイな淡いピンク色の乳首だ。
こんな美しい乳首は見たことがない。

f:id:usbrs4649:20190729112502p:plain
※カラーコード:#FFEDF2


私は、春に皇居で見た桜を思い出していた。
それは、公衆浴場にひっそり佇む二輪の花。
心の岸辺に咲いた淡いピンク色の乳首。


サウナには、まだまだ新しい発見がある。
だから辞められない。


ちなみに、私の乳首の色はこんな感じ。
ご参考までに。

f:id:usbrs4649:20190729112509p:plain
※カラーコード:#CC9078