この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

とくじろうさんのYouTube動画にハマっている

当方、顔出しでギャアギャア騒いでいる、いわゆる素人のYouTuberなるものには非常に嫌悪感を抱いている。

f:id:usbrs4649:20190630100331p:plain


お笑いオタクであるという自負もあり、あんなにつまらない代物をドヤ顔で晒す奴らなんて、到底許容出来ない。
旦那が横でその類のものを見ていると、音声だけでもイラついて、遮音ヘッドフォンを装着してしまう程だ。


あの編集センス、強調するまでもないのに大袈裟に何度もスローモーションにして、テンポが悪い。
あの企画センス、人気番組の超絶劣化バージョンを臆面もなくやって、スベリ散らかす。
見るだけで疲弊する、現代のストレス因子である。


ただ、そんな私にもお気に入りのYouTubeチャンネルが出来た。
ズバリ、とくじろうさんの『ゆっくり 犯罪心理学入門』である。

f:id:usbrs4649:20190629134948p:plain


当たり前だが、YouTuberの中にも真面目に面白い動画を作っている人もいるのだ。
バカッター騒動等で、偏見を持ってしまっていた様である。
反省。


とくじろうさんが扱っている題材は、「シリアルキラーから読み解く犯罪心理学」。
これが非常に上手くまとめられていて、分かりやすくかつ面白いのだ。


恐らく相当勉強されているのだと思う。
激しくリスペクトである。


元々、犯罪心理学には興味があった。
特にサイコパス疑惑が強いシリアルキラーに関心がある。

f:id:usbrs4649:20190630100322p:plain


なぜなら自分はサイコパスと真逆の人間であると自覚しているからだ。
私は共感力が高すぎる、恐怖心が強すぎる、すぐに自分を責める、他人の意志を尊重する、利己的ではない、私は多くを求めないetc・・・


真逆の人間だからこそ、その思考回路に知的好奇心がかきたてられる。
加えて、真逆の人間の思考回路を知る事で、自分の事も深く理解出来るかもしれない。
怖いもの見たさというのも、正直なくはないのだが・・・


とにもかくにも、私はとくじろうさんの力も借りて、サイコパスの研究を続ける所存である。
多分、鬱には良くないが。


『ゆっくり解説』シリアルキラーFile01「リチャード・ラミレス」