この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

脳の無駄遣いをやめる

今現在、感覚的に15%ぐらいしか脳が動いていない。
本ブログ「この鬱がすごい!」も、この15%を酷使して作成している。

f:id:usbrs4649:20191012103328p:plain


その為、なるべく脳を無駄に疲れさせないよう工夫して生活している。
この貴重な15%を、有意義に使いたいのだ。


まず、必要なとき以外スマホを見ない。
「暇になったからなんとなくスマホをいじる」を辞める。

f:id:usbrs4649:20190829193746p:plain


スマホ脳過労」なんて言葉もあるぐらい、スマホは脳を疲れさせる。
興味のない地下アイドルのゴシップを見た所で、本当の息抜きにはならない。


そして、「なんとなくテレビをつける」も辞める。
テレビも同様、脳を疲れさせる。

f:id:usbrs4649:20190829193742p:plain


食事中、音がないと寂しいからといって、興味のない雑学番組を見ない。
視聴する番組は、「サ道」「太田上田」「ゴッドタン」「テレビ千鳥」に絞る。
上記は生きていく上で大切な情報が詰まっているので見過ごす訳にはいかない。


ブログ執筆や家事に疲れたら、観葉植物でも見ながらぼーっとする。
ちょっとやそっとの「ぼーっと」ではない、本腰を入れて全身全霊で「ぼーっと」する。
頭の中のゴミを吐き出すイメージで。


これが今の所、家で出来る最も簡単で効果的な休息方法。
脳の無駄遣いをやめる手立て。