この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

本能に従って生きよ

私は日々、少しでも自分の治療に役立てようと、鬱に関する情報にアンテナを張りめぐらせている。
そんな訳で、メンタル系のYouTubeなんかもよく見る。

f:id:usbrs4649:20190831113420p:plain


失礼ながら新鮮味のある動画には、ほとんど出会えない。
既に私が、かなり鬱に詳しいからだと思う。
ほとんどが聞き覚えのある内容なのだ。


しかしそんな中、たまたまオススメにあがってきた動画に胸を打たれた。
ほっしーのメンタルハックちゃんねるの、「うつ病で休んでいる時のオススメの過ごし方」という動画である。
以下、動画の要約。

 

結論から言いますと「本能に従って生きよ」という事なんですよ。
生活リズムを守るとか、食事をきっちりとるとか、運動をするとか、色んな考え方があると思うんですけど、本当に辛くて何も出来ないのならば「本能に従って生きよ」という事なんですよ。


私の場合、最初はずっと寝てました。
そして、少し気分が上向いてきたらアニメを観てました。
会社の事を考えたくなくて、現実逃避したかったからです。


それから、散歩に行くようになりました。
ワンちゃんを連れて散歩している時って、他人の視線がワンちゃんに集中するんです。
それが良かったですね、自分に集中しない。


そこからさらに状態が良くなると、趣味欲が復活してきました。
私の場合は車が好きなのでモーターショーに行きました。


本能にずっと従って生きてきたので、上手くいったんじゃないかと思ってるんですよ。
無理にしないといけない事をやっている時ってかなり辛いんです。
寝てるだけが休みな訳じゃない。
旅行に行きたいのならば行った方がいい。
行けるだけの気力や体力があって、それがあなたの趣味であればやった方がいい。
遊ぶことは精神的な休息につながる訳です。
うつ病だからこそ、遊ぶべきなんです。


そうなのだ、本能に従って生きるべきなのだ。
今の自分に必要なものは、自分の体が最も良く知っているはずなのだ。

f:id:usbrs4649:20190831113412p:plain


運動が出来なければ休んでもいい、家事が出来なければサボってもいい、ずっと寝込んでいる日があってもいい。
そのかわり、少しでも意欲がわいてきたら、その時自分がやりたい事をやってみる。
その小さなアクションが、精神的な休息につながり、除々に病状を回復させていく。


頭で考えちゃダメだ。
どっちにしろ回ってないのだし。
本能の声を訊け。

 


うつ病で休んでいる時のオススメの過ごし方