この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

両家顔合わせをしてきた②

召集をかけていた全メンバーが某ホテルに揃った。

www.konoutsu.com


顔合わせは定刻通り、予約していたレストランの個室で始まった。
ひとしきり挨拶が終わると、コース料理を食べながらの談笑がはじまる。

f:id:usbrs4649:20191108154731p:plain


私がこの会で一番恐れている事、それは、母による親戚の学歴自慢、肩書き自慢だった。
母は初対面の人に、これだけはやらないと気が済まないらしい。


ちなみに、旦那との初対面時も、父が慶応大卒だという事、祖父が慶応大と慈恵医科大の両方に合格した事、私の知らない親戚が頭良すぎて弁護士になるか医者になるか迷った事・・・etcをたっぷりと尺を使い、その日一番のテンションで、しゃべり倒したのであった。
あんな恥ずかしいマネ、頼むからここではやめて欲しい。


会は滞りなく進み、なんやかんやと言っている内に、トークテーマがなぜか「二郎ラーメン」になった。


旦那母:仙台にも二郎ラーメン出来たんです。一度は行ってみたいなぁと思ってるんですけど、いつもすごい並んでて・・・そんなに美味しいのかしら?
うさ父:僕は学生の頃、こんな旨いものはないと思ってましたね。大学の近くにあって、毎日のように食べてたんですが・・・今は無理かなぁ。
うさ母:慶応なんです・・・


おう、やっぱりぶっこんできやがった。
ずっとタイミングを見計らっていたのだろうか。

f:id:usbrs4649:20191109094111p:plain


しかし、母の一言は完全にスルーされた。
私はざまぁみろと思った。


ここは、私と旦那と家族の将来を語る場。
父が40年程前に慶応大学を卒業した事なんて、母以外にとって、どうでもいい事なのだ。