この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

コーピングでストレスをやり過ごす

カウンセラーに「コーピング」というものを習った。
コーピングとは、自分のストレスへの対処法の事である。


前回のカウンセリングで「やると心からリラックス出来るものは何か?いくつかあげてみて欲しい。」と宿題を出されていた。

www.konoutsu.com


自分で考えてきたものプラス、カウンセラーとの会話の中で出てきたものを、「行動的コーピング」「認知的コーピング」に分けて書きだしてみる。
ちなみに、「行動的コーピング」とは実際の行動を伴うもの、「認知的コーピング」は頭の中で行うものという区別である。


私があげたコーピングは以下の通り。


【行動的コーピング】
・サウナに行く
接骨院に行く
・ラジオを聴く
・旦那と話す
・図書館で地球の歩き方を読む
・Monsterを飲む
・間取りを見る


【認知的コーピング】
・妄想旅行
・家を買う妄想をする

f:id:usbrs4649:20191112134629j:plain


上記を、ストレスを感じた際にやる、もしくはやっている所をイメージする。
カウンセラー曰く、コーピングはしょぼい方が望ましいらしい。


例えば「バスク地方に行って、三ツ星レストランでディナーを楽しむ」というコーピングならば、実行するまで大変な手間がかかる。
それよりもすぐに出来るもの、例えば「菅田将暉が今何しているか妄想する」の方が、使い勝手がいい。

f:id:usbrs4649:20191117092737p:plain


また、コーピングは分解して使う事も出来る。
例えば「Monsterを飲む」ならば、私の場合、「購入した時」「プシュッと缶を開けた時」「実際に飲んだ時」それぞれにストレス軽減効果がある。


すなわち時間がなければ、Monsterを買って、バッグに入れておくだけでもストレスへの対処になるのだ。
なんと便利な!
コーピングを使いこなして、もっと生きやすく生きたい。