この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

「子供が欲しいと思えない」をカウンセラーに相談する

前回書いた、「子供が欲しいと思った事が一度もなくて焦っている」件をカウンセラーに相談してみた。


すると、そういった悩みを持つのは、母子関係に問題を抱えた人に多いとの事。
ギクッ・・・やはりそうか・・・

f:id:usbrs4649:20191118165615p:plain


正常な家族のロールモデルを知らないから、幸せがイメージ出来ない。
母にやられて嫌だった事を、自分の子供にもしてしまうんじゃないかと不安になる。
自己肯定感が低いから、子供を育てるという大役を担う自信がない。


しかし幸いにも私は「絶対子供を作りたくない」とまでは思わない。
旦那の子供だったら、辛うじて欲しいと思える。


よって、現状子供が欲しいと思った事は一度もないが、将来子供を持つ事に関しては、若干前向きに考えられるといったあんばいだ。


そんな私に、カウンセラーがいくつかアドバイスをくれた。


女性の場合、最初はピンと来なくても、十月十日子供をお腹の中で育てている間に、子供への愛着が湧く事があるらしい。
母になると脳が変わると言うし、現段階で焦る必要はないのかもしれない。

f:id:usbrs4649:20191118165619p:plain


過去のトラウマからどうしても女の子を育てる自信がないなら、男女産み分けという方法もあるとか(倫理的にはどうかと思うが)。
実際育ててみてつまづいたら、「ペアトレーニング」という親子関係を見直すプログラムや、子育ての相談機関もあるという。


カウンセラー:子育てに完璧はないのだから、完璧を目指す必要はなんです。うさばら氏さんも責任感を持ちすぎないで。
うさばら氏:そうですね、悪い方に考えすぎていたかもしれません。


ひとまず悩みは解決した。