この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

着ぐるみパジャマを買う

朝、布団から出るのに、相当な覚悟を要する季節がやって来た。
鬱でただでさえ朝が辛いのに、冬はさらに追い打ちをかけてくる。


目が覚めて、すぐに布団から出るなんてまず不可能。
そのままスマホでさして興味のない芸能ニュースを、2時間ほど見る毎日。


会社員時代には考えられなかった程の堕落した生活。
時間の無駄遣いも甚だしい。

f:id:usbrs4649:20190706130410p:plain


「起きてすぐにスマホを見ると鬱になる(もうなってるけどね!)」と聞いたこともあるし、この悪癖は直したい。
その為には、まず朝すんなり布団から出る必要がある。


そこで閃いた。
着る布団を買えばいいじゃないか。


私にとっての着る布団、それすなわち着ぐるみパジャマ。
昔、仮面ライダーの着ぐるみパジャマを持っていて、非常に快適な冬を過ごせた記憶がある。


猫が怖がるので捨ててしまったが。
フリース素材で全身を包むそれは、まさしく着る布団だった。


さっそく、着ぐるみパジャマのメッカ、ドンキホーテ歌舞伎町店に向かう。
数ある着ぐるみの中から、さほど悩まず選択、購入。

f:id:usbrs4649:20191115172901j:plain


カビゴン、君に決めた。

f:id:usbrs4649:20191115172907j:plain


家でさっそく着てみると、その暖かさ、肌触り、包容感にうっとり。
これだ、私が求めていたのはこれなのだ。

f:id:usbrs4649:20191115172824p:plain


欠点といえば、トイレの時にほぼ全裸になってしまう事ぐらい。
今冬はカビゴンになって、目指せ朝から元気にブログ更新!

f:id:usbrs4649:20191115172847p:plain