この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

マンガ『賭博破戒録 カイジ』を読んで今ある幸せを実感する

『最強伝説 黒沢』『賭博黙示録 カイジ』と順調に読破し、もはや福本伸行先生にどっぷりの私。
そして、ついにたどり着いた『賭博破戒録 カイジ』。

f:id:usbrs4649:20191115221840j:plain

賭博破戒録 カイジ 1

賭博破戒録 カイジ 1

 

 
読み始めると、噂に聞いていた「地下労働施設」や「ペリカ」や「ハンチョウ」や「キンキンに冷えてやがる」や「殺人的なうまさだ」が次々と登場し、興奮が止まらなかった。


それにしても、地下労働施設での生活環境は想像以上に酷い。
ここにいる連中は、なぜこんなになるまで落ちぶれてしまったのか?
彼ら一人一人の人生を、スピンオフマンガで見てみたいぐらいだ。


地下労働施設での生活に比べれば、東京でのアパート暮らしはなんて快適なのだろう。
銭湯でゆっくり入浴出来るし、焼き鳥屋で焼き鳥もたらふく食べられるし、お店のビールはキンキンに冷えてやがるだろうし、カキピーもスーパーでパックのやつを買えば安いし・・・etc


カイジを読むと、自分に今ある幸せを実感する。
落ち込んだら下を見たっていいじゃないか、褒められた事ではないが。

f:id:usbrs4649:20191120201613p:plain


そして誓う、無理なローンを組まない様にしようと。
リスキーな商売に手を出さない様にしようと。


それにしても、ハンチョウはあれほど大衆を熱狂させ、金を吐かせるゲームを考えられるのならば、どっかのIT企業でゲームアプリの企画とかやったらいいのにと思う。

f:id:usbrs4649:20191120201606p:plain


後半の沼編では、学生時代にパチンコ店でバイトしていた経験が生きた(私自身はパチンコ打ちません)。
この沼編を読む為に、パチンコ店でバイトしていたのではないかとさえ思った。
人生どの経験が、どこで生きてくるか分からない。


それにしても、カイジはあれほどのデータ分析力、洞察力、瞬発力があるのならば、普通に株やったらいいのにと思う。
くだらぬ博打よりも、益が出るのは確実ではないか。

f:id:usbrs4649:20191120201623p:plain


次は『賭博墜天録 カイジ』・・・と見せかけて、スピンオフの『1日外出録 ハンチョウ』に手を出そうかと。

f:id:usbrs4649:20191115221836j:plain

1日外出録ハンチョウ(1) (ヤングマガジンコミックス)

1日外出録ハンチョウ(1) (ヤングマガジンコミックス)

 

 
だって、ハンチョウがシャバで何してるか、超気になるじゃないか。
カイジは今お腹いっぱい、私の体はハンチョウを求めている。