この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

普通の服薬に飽きたから『らくらく服薬ゼリー』使ってみた

就寝前に飲む薬の量がいかんせん多い。
具体的には以下の通り。


●プロチゾラム(0.25mg)×2錠
トラゾドン(25mg)×2錠
●レクサプロ(10mg)×2錠
サインバルタ(20mg)×1錠
リスミー(1mg)×2錠
イフェクサーSR(75mg)×1錠


いつも一気に口に入れて水で飲み込むのだが、最初の方に入れた錠剤が溶けて苦い。
かといって分けて飲むのも面倒くさい。
というか、薬を飲むという一連の所作に飽きた。


そこで、以前から気になっていた『らくらく服薬ゼリー』と『おくすり飲めたね』のチョコレート味を買ってみた。

f:id:usbrs4649:20191120090837j:plain


「薬を飲む」という日常のマンネリ化した行動に、ちょっとしたアミューズメント性を持たしたいのだ。
恐らく、メーカーの意図とは大いに異なっているが。


まずは、『らくらく服薬ゼリー』を使ってみる。

f:id:usbrs4649:20191120091314j:plain

龍角散 らくらく服薬ゼリー チアパック 200gx5個
 


スプーンに薬を入れ、ゼリーで上からコーティングして、飲み込む。

f:id:usbrs4649:20191120091710j:plain


これは!喉から食道、そして胃までスルンと入っていく!
快感!このスルンが気持ちいい!
それに、ほんのり甘いレモン味で美味しい!苦味なし!

f:id:usbrs4649:20191120164112p:plain


続いて、『おくすり飲めたね』のチョコレート味を同じ要領で使ってみる。

f:id:usbrs4649:20191120091318j:plain

龍角散 おくすり飲めたね チョコレート味 100g

龍角散 おくすり飲めたね チョコレート味 100g

 

 

こちらも気持ちよく服薬する事が出来た(同じ会社が作っているので当たり前だが)。 

f:id:usbrs4649:20191120091715j:plain


子供向けの商品なので、味はしっかりついている。
カカオ50%ぐらいのチョコレートに近い味だった。


完全なる断薬までの道のりは遠い。
だったらいっそ遊びも入れよう。
水でばかり服薬している場合じゃない。