この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

保護猫カフェでアニマルセラピー

先々月の文学フリマ東京で購入した、ブタゴリくん・おひや・ケシミニャン・ニューウィング吉田・kamatahhh(敬称略)共著の『猫ちゃん狂想記』を読んでからというもの、私の体は猛烈に猫を欲した。

f:id:usbrs4649:20191224112855j:plain


猫にまつわるエッセイの数々は、どれも愛に溢れていた。
活字だけでこんなに臨場感が出るものかと。
もうそこに猫がいるみたいなのだ。


猫動画をしこたま観たり、近所の野良猫を追いかけまわしたりしたが、どうにも猫欲が満たされない。
これはもう、がっつり猫と触れ合わなきゃダメみたいだ。


という訳で、私は一人、保護猫カフェ『Miagolare(ミャゴラーレ)』を訪れた。
払った料金は全て猫の保護活動に使われるらしい。有意義!

f:id:usbrs4649:20191224113721j:plain


恐る恐るドアを開けると、そこかしこに猫が!
いるとは聞いていたし、そのつもりで来たが、こんなに"そこかしこ"とは!

f:id:usbrs4649:20191224114032j:plain

f:id:usbrs4649:20191224114027j:plain

f:id:usbrs4649:20191224114022j:plain


しかもここの猫、人懐っこくてすこぶる可愛い。
膝に乗ってくれるし、おもちゃでも遊んでくれる。
何というか、スレていないのだ。

f:id:usbrs4649:20191224114640p:plain


あぁこの鳴き声、仕草、のんびりした感じ、猫って本当にアニマルセラピー向きな動物だ。
今住んでいるアパートはペット禁止で無理だけど、いつか条件が整えば保護猫ちゃんをお迎えしたい。


やはり作家たる者、猫を飼わなければ。
昔から日本ではそう決まっているから。

f:id:usbrs4649:20191229090043j:plain


最後に、重大な告発をして記事を締めようと思う。
うちの父、ペット禁止のアパートでがっつり猫飼ってます。

Miagolare(ミャゴラーレ)

www.miagolare.org