この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

【近況報告】『サインバルタ』の断薬に大苦戦

ここ最近、朝がとてつもなく辛い。
もちろん、「布団があったかくて、起きるのが辛い」とかそんな次元の話はしていない。


体が鉛の様に重く、どうにも這い上がれないのだ。
これぞまさにセロトニン不足。

f:id:usbrs4649:20190108190619p:plain


うつ病の典型的な症状で、私も長い事苦しんだ。
投薬治療と運動で、だいぶ前に乗り切ったはずだが、どうして今になって同じ症状が出るのだろう?


熟考の末、はたと気づいた、原因は『サインバルタ』(抗うつ剤)の断薬だ。
長年、投薬治療の要となっていた薬を断つのが、こんなにも苦しいとは。

f:id:usbrs4649:20191227184518p:plain

www.konoutsu.com


主治医はセロトニンが充分量出ていると判断し、『サインバルタ』を外したのだろう。
断薬に大苦戦しているのはすなわち、セロトニンがまだ全然足りていないという事なのか?


・・・・・・・・・・・・


いやいやそんなはずは、これはきっと一時的な離脱症状だ。
徐々に慣れて、回復していくはず!


しかしどんなに鼓舞しても、床に就くと不安に襲われる。
朝が来るのが猛烈に怖い。