この鬱がすごい!

2018年5月、重度の鬱病と診断された女の闘病記。その他多数の神経症あり。なるべく明るく前向きに。

ノンアルサングリア作ってみた

いきなりだが懺悔させて欲しい。


投薬治療中はアルコールを飲まないと決めていたが、ここ最近何回か飲んでしまった。
しかも昼間から、主にサングリアを。


家に一人でいると、昔の辛い記憶がどんどん蘇り、未来への不安がずっしりのしかかる事がある。
もうどうにもやってられなくなるのだ。
そんな時、全思考回路をカチ割る為、サングリアをあおる。

f:id:usbrs4649:20200102120434p:plain


うつ病治療中の飲酒はアルコール依存症を招きやすいと聞いたことがある。
幸い私は酒にめっぽう弱く、『ほろよい』でガッツリ酔える体質の為、そこまでには至っていない。


300mlを飲み切らない内に布団に倒れ、「頭が痛い!こんなに飲まなきゃよかった!」と後悔する程だ。


1回酒をあおると私は廃人と化し、基本その日は何も出来ない。
体の為にも心の為にも、こういった自暴自棄はもうやめにしたい・・・


そこで思いついた、ノンアルでサングリアらしき飲み物を自主制作しようと。
もうどうにもやってられなくなったら、それをあおろうと。

f:id:usbrs4649:20200102171842p:plain


材料・道具は以下の通り。


・シャメイ スパークリング レッドグレープジュース(599円)
・りんご
・バナナ
・冷凍ベリーミックス
無印良品 耐熱ガラスピッチャー大(590円)

f:id:usbrs4649:20200102081622j:plain


まず、耐熱ガラスピッチャーにりんご、バナナ、冷凍ブルーベリーをバランス良く入れる。

f:id:usbrs4649:20200102081636j:plain


そこにスパークリング レッドグレープジュースを適量入れる。
炭酸が抜けないようにフタをしっかりテーピングして、そのまま1~2日冷蔵庫で寝かせる。

f:id:usbrs4649:20200102081631j:plain


完成品は、もうサングリア以外何物でもないビジュアル。

f:id:usbrs4649:20200102081626j:plain


飲んでみると、これまたサングリア以外何物でもないテイスト。
ワイナリーが作った甘み控えめジュースを使ったのが功を奏した。
果物本来の甘さが際立った、奥深い味わいとなった。


テーピングが甘く、炭酸が全抜けしたのはご愛嬌。