この鬱がすごい!

2018年重度のうつ病を発症。必死のリハビリも虚しく、社会からドロップアウト。神経性疾患多数あり。

ドラマ『M 愛すべき人がいて』の効能がすごい!

私には小難しい事を延々と考えてしまう癖がある。


正しさはどんな条件下で暴走するのか?一致団結はファシズムか?・・・などなど。
自分の世界に入り込んで、脳内で『朝まで生テレビ!』を繰り広げてしまう。

f:id:usbrs4649:20200428150902p:plain


意識高い系が言うところの「思考停止状態」になって、情報に踊らされるよりはいいのだろうが、脳の負担になる事もしばしば。
当方、特段賢い訳でもない、ただのうつ病患者なので。


そこで、定期的に偏差値を下げ、脳を休ませる様にしている。
先日は脳休(脳を休ませるの意 オリジナル熟語)目的で、ドラマ『M 愛すべき人がいて』の1話を観た。


TVerで強制的にCMを見せつけられ、そのあまりにもな有様に、不本意ながら惹かれていたのだ。
いざ視聴を開始すると、話が進むにつれぐんぐん偏差値が下がっていくのを感じた。

f:id:usbrs4649:20200428164341p:plain


どんなコメディドラマよりも笑える。
キャストの一挙手一投足、全てのセリフ回しが香ばしい。


どこをどうすれば、令和にこんなものが爆誕するのか。
恐らく狙って作っているのだろうが、それにしてもだ。
これに関わった者は一生、是枝裕和の映画に出れないだろう。


2話は観るかって?
さすがにこれ以上、人生の貴重な時間を無駄にしたくないので観ない。